掲 示 板
(おしゃべりトーク)

フッ!と笑みがこぼれるような楽しい話や爆笑話、温かい言葉も辛らつな言葉も同じ言の葉。喜怒哀楽なんなりとお書きください。

新規スレッド


任意
任意





光る君へⅡ  投稿者:しずく 投稿日:2024/02/07 08:52 年齢: 地域: NO:88 [返信]

恋は恋

倫にあらざる恋も、倫にかなった恋もない。

幸せは持続しないからこそ、しあわせ。

今あるものすべてを捨ててもいいと思うのが恋。

恋愛は相手との関わりの中で自己を認識するもっともクリエイティブな行為。

人間の五感をフルに使う恋愛が知性と感性を磨き、自己確認をする。


――「ねこの恋」講談社文庫より引用――

-----------------------

いかがですか?痺れませんか?この脚本家が手がけた「光る君へ」に期待が膨らみませんか?
エロいでしょ。
究極のエロさです。
大好き。
で、大石静センセのこの↓一文は金言です。

「悲しいときに泣けなくなったら医者をやめるべき」(同著書より引用)

これとて、エロい(私の視点からだと)
そういう医者はただのエロ医者。
逆かも。
泣く医者こそが本物でエロい。
深いですね。


おかしきこと  投稿者:しずく 投稿日:2024/02/11 21:05 年齢: 地域: NO:114

誰の台詞にするのか、興味津々でしたが、やはり主役に託しましたか…大石静らしいなー。

「をかしきことめでたけり」

今夜の回はなんと言ってもこの台詞が真骨頂。

清少納言の発音が“をかしきこと”であったが、風情と捉えるなら、まいっか。

黒木華と吉高由里子の演技の競い合いが一番の見どころです。

黒木華を清少納言にキャスティングしてほしかったなー。


re:おかしきこと  投稿者:ジュリ 投稿日:2024/02/12 00:54 年齢: 地域: NO:115

光る君、毎回面白いですね!
でも柄本佑の道長ってどう思います?
演技力で選んだのかしら
お顔はあまりピンとこないけど、、、今は慣れてきましたけど、、、
それにしてもあの時代のいい男の基準って、
【平安時代においては、顔を見ずに恋愛が進むため、ビジュアルよりも和歌が上手いことが重視されていました!】ですって
ということですから、昔の日本の貴族って、すごく高尚だったのね~
今回の最後 道長がまひろに熱い恋の和歌を送り届けたところは秀逸ね!
二人の関係はいつまでも秘められ隠されたままで進行するのでしょうが、
二人の情熱を目や表情や間接的表現で表す絶妙なシナリオですね。


re:光る君へⅡ  投稿者:しずく 投稿日:2024/02/18 08:21 年齢: 地域: NO:134

おはようございます。

>でも柄本佑の道長ってどう思います?

私もイケメンのほうが嵌ると思っていますが、最近はあの手の顔がモテるそうよ(笑)
大石静もイケメン大好きの筈ですから、今後、どんなイケメンを起用してくるか楽しみです。
これからどんどん、進行しますから。
お楽しみください。


re:光る君へⅡ  投稿者:しずく 投稿日:2024/02/19 09:18 年齢: 地域: NO:139

昨夜の感想

男が女の
女が男の

話題に花を咲かせるのはいつの世も同じ。
それが奥ゆかしく囁かれると、一層熱き語らいになりますね。

その点、現代のほうがずっと白けてます。
先日、統計(そんな統計要るんかい)で結婚も子供も要らない、
自分の今と老後を考えるだけで精一杯の20代が多いとの結果を見て、
あー「恋愛」をしないからだという私なりの結果を出しました。
それは日本の政治、法律、それらがブレーキをかけているのです。
やれ、ストーカーだ、セクハラだと男を雁字搦めにしているのです。
勿論、女側とて同じ。
当然、親は物心付いた頃には息子に女の子を追いかけたり、触ったりしちゃダメ。
と諭します。
抵抗するような気概ある息子なら良いですが、小心でママの言うことを素直に聞き入れる息子だと、
もうその時点で、恋愛の芽は摘まれてしまうのです。
その延長線上にはもう「見合い」など稀有な時代も重なっているのに、
どうやって、結婚せよと?
いつでしたか、若い頃女医の友人が「私たちの間では、優秀な遺伝子を持つ医者の精子から受胎して、
産んで、親に育ててもらうのが流行っている」と聞かされて、目が点になりました。
そうしないと、育てられないそうです。
私はどうして?と訝りましたさ。
時間がなくて?
自信もなくて?
恋愛から既に離れています。
恋愛を自由にと言いつつ、自由を奪っている環境に歯止めをかけなきゃ、少子化なんて甘い言葉では収まりません。
無子化になっちゃいますよ、近い将来。


re:光る君へⅡ  投稿者:ジュリ 投稿日:2024/02/19 20:12 年齢: 地域: NO:140

優雅な平安貴族社会。
でも奸計 謀略 が渦巻く世界
味方の中の敵 敵の中の味方
その中で女は政略結婚の道具とされ、その道具を産むために
子を産むことを要求される。
道長の子は合計、分かっているだけで、6人
(戦国時代に比べれば少ないか(+_+))
長女は12歳で天皇に嫁がされたそう。
戦国時代は誰が天下を取るかが定番の面白さなら、
光る君は道長の天下取りをまひろの知恵と裏の支え
(計略に女が関わる)が重なるのでより面白いのでしょう。
ただ恋の成就は2人共が諦めなければならない定め
道長の情熱を込めた恋の歌を炎で燃やし捨てたまひろ
それが哀れというのではなく
秘めた思いをさらに燃えさせるような切なさが美しい。


re:光る君へⅡ  投稿者:しずく 投稿日:2024/02/19 20:28 年齢: 地域: NO:142

切なさが美しい。

素敵な言葉です。

秘めるから燃え方も激しいのですよ。
ひみつ
ないしょ
この言葉でさえ、燃えます。
というより、興味津々になります。
詮索したくなります。
覗いてみたくなります。
よね。


スレッドリスト

五月は真夏だった。 | おと(音楽)設定変更のお知らせ | 上川陽子氏 | バトン | 国産 | 医者いらず? | 分析 | 季節の変わり目の体調管理 | 高知茄子 | 母の日 | パラダイス | 喧嘩の極意 | 自然破壊 | ありがとうございます。 | 寒い!! |  | 月のわぐま | 評議中 | 清々しくカラーの花 | じゅりりん | はるるんさま | 記憶 | ないしょ話コーナー | 春雨霧雨 |  | 野すみれ | てんとう虫 | 季節は外れましたが…桃 | わ!私だ!! | バナナ | 車の安全装備 | いちご・メロン・すいか | サヤエンドウ | 強い人 | 笑顔 | 洋花 | たんぽぽ | 初体験 | ミーハー | 連投 |  | がんばりました。 | 言葉 | 黄砂 | 咲けば咲くほど |  | ご好評に預かり本日の一枚 | ナツメ草 | 春晴れ | 蓮華草 | 最近の子供スゴイ。笑笑 | あずき | 重労働 | おはぎ | はる | 加藤幸子氏 | 涙2 | コメントありがとうございます | 春雨 | 福寿草 | 世間からズレてる私 |  | 513人 | 花に嵐 | 返却日迫る | 平凡な一日 | 高校野球へお誘いしたけど訪問いただけなかった方へ | 替え歌 | 彼岸 | 落とされた一言 | 世の流行がわからん | 方言といえば | この世で一番 | ランチジャー | お呼び出しを申し上げます。 | 今週嬉しかった出来事 | ご挨拶 | 身体のガタ | 朧月夜 | 春雨 | 泣き虫 | 韓ドラ | 尼さん | お気をつけあそばせ。 | 春の雪 | 出会いに乾杯 | アオダイショウ | 新規さんです。 | よろしくお願いします。 | もやし | 光る君へⅡ | お腹がグルグル鳴らない牛乳 | バレンタインチョコの禁止 |  | お尋ね | 俵万智 | 韓国ドラマ | 一冊の冊子 | 韓ドラ | スポーツ |