掲 示 板
(おしゃべりトーク)

フッ!と笑みがこぼれるような楽しい話や爆笑話、温かい言葉も辛らつな言葉も同じ言の葉。喜怒哀楽なんなりとお書きください。

新規スレッド


任意
任意





涙2  投稿者:はる 投稿日:2024/03/30 10:16 年齢: 地域: NO:662 [返信]

長くなったので続きをこちらに。

幼少期、近所の病院でよく遊んでいたんだけど、病院は裏に入院施設があって産婦人科だったから女性しか入院してなかったけど、わりと一緒に遊んでくれる子供が沢山いたんだよ。でも私がそこで遊ぶ時は、普段の活発な子供ではなく、大人から見ると静かな子供だった。

もくもくと独り言を話しながら遊ぶから、はるたん?って大人は見て居たみたい。

私が遊んでる子供は、私にしか見えてなかったみたいやね☺️成長して、この話しを看護師さんだった人達と話す機会があって発覚したんだけど、みなさん悲鳴あげてらしたわ。当時真相に気付かなくて良かった!って。今は閉院してるから😅

今でも、変な事はざらにあるよ。
深夜の店内、勝手にチーン!ってレンジ回るし👻水道から水が出始めだなーって見てるとコックがスッと持ち上がってジャーッ!って全開で出始めたり……
リアルなやつ。


re:涙2  投稿者:じゅり 投稿日:2024/03/30 20:06 年齢: 地域: NO:672

はるさん 見えたの? 見えるの? 子供の時から、、、
霊媒体質?

>今でも、変な事はざらにあるよ。

自分では体験したくないけど、そういう不思議なお話聞くのは好きよ😊
もっと、聞かせて聞かせて~~~


re:涙2  投稿者:はる 投稿日:2024/04/04 11:18 年齢: 地域: NO:696

むかぁし昔の事じゃ。
母の夜勤と父の夜勤が重なる日
はるは、祖父母の家に預けられた。この家には土蔵がある。祖父母は、夏は涼しく冬は暖かい土壁造りの土蔵を寝室がわりに使用していた。
土蔵の一階は畳敷になっていて、真ん中に私を挟んで川の字に布団を敷いていた。布団に入り天井を見渡すと。部屋の角の一部が畳一枚分ほどくり抜かれており、そこに階段が立てかけられていて二階に上がれる引き戸のような板張りの箇所があり、横には木組の階段がたてかけてあった。2階に上がる為には引き戸のような戸板をずらして階段をたてかける。上には祖父母の季節物の着物や洋服。今は夏だから冬物がしまってある。その他には使用しない家電やら何やら、祖母のお裁縫で出た端布は、どれほどあっただろうか。
その夜も暑くて、扇風機がゆるく首を振りながら庭池からの涼しい風を居間に通す。祖父は風呂上がりの汗にうちわを仰ぎながら大きな欠伸をしていた。
今日も私はしっかりお昼寝をして夜に備え、祖父母の前では眠って見えるほどに狸寝入りをしてみせた。
「はるちゃん?はるちゃん?」祖母が呼ぶ。
「……。」タヌキを貫いた私を祖父が抱え上げて蔵へ
。私を真ん中にして二人がイビキをかき始めた頃、2階のくり抜きから長い髪をひと束にまとめた面長美人のトキおばちゃんがニッコリ顔を出して、おいでおいでと手招きをする。
待ってました!と私はウキウキを押さえて静かにお布団から抜け出して、きしむ階段をこっそりと登った。
蔵二階の真ん中にある大きな箪笥、一番上の右側の引き出しにしまってあるクッキーの空き缶。それに詰まった端切れを床に敷いた御座布の上にばら撒いて山を作り、トキおばちゃんと私のゲームが始まった。幼少期の心に懐かしく残る思い出。ちょっと変わった遊び『端切れ合わせ』祖父母の家にお泊まりの日は蔵二階を仮住まいにしていたトキおばちゃんに遊んでもらう事が楽しみで楽しみで仕方がなかった。


re:涙2  投稿者:はる 投稿日:2024/04/04 11:36 年齢: 地域: NO:697

そして時が経ち。
40歳くらいの時に親戚の葬儀で親族が久々に全員が集まった日の事。誰からともなく祖母の話やら昔の話に花が咲き始めワイワイと笑い話に変わって行き。
とうとう私が極寒爆弾を追加してしまった。
「昔さあ、蔵二階に住んでたトキおばちゃんは、家とはどんな関係なの?私とはまたまた従姉妹くらい?」
一瞬で静まり返る。
「トキって。おトキの事か!?」
おトキとは、まあ、なんと昔じみた呼び方
「おトキって先先代のめかけのおトキか?!」
「……うそやろ。」って皆んなが真っ青に。
確かに今風ではない人ではあった。だとか
端切れ合わせで遊んでくれた。だとか
朝には二階で寝てしまった私を祖母が起こしに来た事や、また二階で寝とったんやってね!と母が私を叱った事がよくあったと言って皆んなを凍らせた。
そもそも端切れ合わせなんて、そんな古風な遊び、誰か思い付くんや?今の時代に……と誰かが呟き又しても凍てつく。
どうも幼少期から私は、皆さんが見えて無い誰かとよく遊んでいたらしいです。
ちなみに、おトキさんは、家の祖父の祖父の……何代前か分かりませんが、おめかけさんで女中さんをしていて結核にかかり蔵の二階に住みながら亡くなられた方の様です☺️


re:涙2  投稿者:じゅり 投稿日:2024/04/04 14:41 年齢: 地域: NO:699

不思議なお話ありがとうございました。
はるさん それだけ霊能力がおありなら
江原啓之さんに負けないのでは?
テレビに出て、人に憑いてる霊を霊視してあげたら?(笑)
でもほんとに興味深いですね、整合性があるから皆さん凍り付いたのね。

また聞かせてくださいね😊



スレッドリスト

五月は真夏だった。 | おと(音楽)設定変更のお知らせ | 上川陽子氏 | バトン | 国産 | 医者いらず? | 分析 | 季節の変わり目の体調管理 | 高知茄子 | 母の日 | パラダイス | 喧嘩の極意 | 自然破壊 | ありがとうございます。 | 寒い!! |  | 月のわぐま | 評議中 | 清々しくカラーの花 | じゅりりん | はるるんさま | 記憶 | ないしょ話コーナー | 春雨霧雨 |  | 野すみれ | てんとう虫 | 季節は外れましたが…桃 | わ!私だ!! | バナナ | 車の安全装備 | いちご・メロン・すいか | サヤエンドウ | 強い人 | 笑顔 | 洋花 | たんぽぽ | 初体験 | ミーハー | 連投 |  | がんばりました。 | 言葉 | 黄砂 | 咲けば咲くほど |  | ご好評に預かり本日の一枚 | ナツメ草 | 春晴れ | 蓮華草 | 最近の子供スゴイ。笑笑 | あずき | 重労働 | おはぎ | はる | 加藤幸子氏 | 涙2 | コメントありがとうございます | 春雨 | 福寿草 | 世間からズレてる私 |  | 513人 | 花に嵐 | 返却日迫る | 平凡な一日 | 高校野球へお誘いしたけど訪問いただけなかった方へ | 替え歌 | 彼岸 | 落とされた一言 | 世の流行がわからん | 方言といえば | この世で一番 | ランチジャー | お呼び出しを申し上げます。 | 今週嬉しかった出来事 | ご挨拶 | 身体のガタ | 朧月夜 | 春雨 | 泣き虫 | 韓ドラ | 尼さん | お気をつけあそばせ。 | 春の雪 | 出会いに乾杯 | アオダイショウ | 新規さんです。 | よろしくお願いします。 | もやし | 光る君へⅡ | お腹がグルグル鳴らない牛乳 | バレンタインチョコの禁止 |  | お尋ね | 俵万智 | 韓国ドラマ | 一冊の冊子 | 韓ドラ | スポーツ |